感覚や言語力を養おう

感覚を養う授業の内容とは

種類が異なるオモチャをいくつか用意して、仲間分けをする授業がモンテッソーリ教育で行われています。
見た目の違いを理解して、仲間分けできるようになると想像力が身に付きます。
また大きさの異なるパズルを使って段差を作ったり、指定された形を作ったりする授業もあります。
勉強と授業と聞くと、子供は嫌な気持ちになってしまうかもしれません。

ですがパズルなど、子供が好きなオモチャを使って授業が進みます。
それなら、遊んでいる感覚で勉強できます。
子モンテッソーリ教育を受けさせることで、勉強は楽しいと教えることができるでしょう。
子供の頃に勉強を嫌いになってしまうと、大きくなってからもその考えは変わりません。
好きにさせてください。

言語能力を発達させよう

モンテッソーリ教育では、子供に正しい言葉遣いを教えるようにしています。
子供のうちから理解することで、礼儀も同時に学べます。
目上の人に対する言葉遣いは、特に気を付けなければいけません。
その時にふさわしい言葉遣いを、自分で理解できるようにモンテッソーリ教育を受けさせましょう。
また、文章を作ることも学びます。

文章の仕組みを基本的なことから学ぶことで、自分で構成できるようになります。
簡単に作文を書くことができるでしょう。
作文は難しいと思ったり、完成させるまでに長い時間が掛かると考えていた人がいるでしょう。
文章の仕組みを基本的なことから勉強すれば、誰でも書けるようになります。
子供のうちに、文章を構成する能力を高めておきましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ